ネバー・ネバー・ランドはパソコン教室です
WWWアドバイス
◎ インターネット一般 ◎
□ セキュリティ
□ インターネットマナー
□ 検索エンジン
□ メール形式
□ メーリングリスト
□ メールマガジン
 
◎ ホームページ作成補助 ◎
□ 色見本
□ 著作権
□ HTMLタグリファレンス
□ WEBで扱う画像
□ 機種依存文字
□ スタイルシート
□ JavaScript
CGI
□ ブログパーツ
■ CGI(シージーアイ)

 カウンターや掲示板などHTMLだけでは実現不可能なことは【CGI】などによって実現できるのですが、これが初心者(UNIX初心者という意味です)にはとてもやっかいなものです。

 CGIを使うためには、CGIを設置するための場所(サーバー)が必要です。一般的には、レンタルサーバーと言って、割安な価格でCGIを置く場所(サーバー)をレンタルします。月額払いが一般的です。
 ここでは、一般的なレンタルサーバーでCGIを実現するための必要最低限の情報を、簡単に説明したいと思います。(レンタルサーバーによって、若干異なります。詳しくは、レンタルサーバやCGI提供元のホームページをご覧下さい)

 
○ はじめに準備しておくこと
カウンターや掲示板など、利用したいCGIを提供元のホームページからダウンロードします。この時、CGIの"利用規定”を確認しておきましょう。
提供しているCGIは、拡張子が「*.lzh」や「*.lha」などのように、圧縮されています。圧縮されているファイルを利用するためには、「解凍」する必要があります。
+Lhacaなどの解凍ソフトを使って、圧縮されているファイルを解凍しておきましょう。
    ★拡張子が表示されない★
パソコン(Windows)の初期設定では、「*.lzh」や「*.lha」などの拡張子が表示されないようになっています。
 
○ ファイルを編集・初期設定する
CGIファイル(拡張子は「*.cgi」)の1行目に、CGIを動作させるために(Perlパス)が設定されています。
  例 : #!/usr/bin/perl
サーバーによって、#!/usr/bin/perl#!/usr/local/bin/perl のように異なりますので、事前にレンタルサーバーの環境を確認し、設定が異なる場合はCGIファイルを変更しておきましょう。
CGIによっては、初期設定が必要になる場合があります。
CGI提供元のホームページをよく読んで、CGIファイルの初期設定が必要な場合は、CGIファイルに初期設定をしておきましょう。
 
○ ファイルをサーバーに転送する
編集したCGIファイルを、サーバーに転送します。
転送するには、FTPソフトを使います。FFTPソフトが有名です。

 ※テキストファイル( .cgi .pl .html など )はアスキーモードで転送します。
 ※画像ファイル( .gif .jpg など )はバイナリモードで転送します。
 
○ ファイルのパーミッションを設定する
パーミッションとは、ファイルを利用できる権限のことです。
CGIを動かすためには、パーミッション設定(ファイルの利用権限)が重要です。
CGIを動かすために、サーバー側に設置したファイルにパーミッションの設定を行う必要がありますが、どのように設定すればよいかは、CGIによって異なります。
詳しくは、CGIを提供しているサイトを参照するか、または、解凍したファイルの中に「Readme.txt」などのような使い方を記述したファイルがあるので、参考にしましょう。
 ※サーバーに設置したファイルだけでなく、フォルダにもパーミッションが必要です。

(パーミッションの設定例)
  /cgi/--┼--sample.pl [604]
  [705]  │  sample.cgi [705]
         │  index.html [604]
         │
         ┼--/images/-- [0-9].gif [604]
         │  [705]
         │
         ┼--/dat/-┼-/work/-- lck_count.lck [606]
            [705]    [707]    lck_log.lck [606]

  *[ ]の中の数字が、パーミッション値
パーミッション設定を行うには、ファイルをサーバーに転送したソフトを利用します。
(例:FFTPソフト

サーバー側のファイル(またはフォルダ)を右クリックして、属性変更(パーミッションの変更)を行います。
属性変更の画面を開くと、現在の設定内容が、現在の属性欄に表示されます。この部分を、該当する(3ケタの)パーミッション値に変更し、「OK」をクリックします。
  ※設定しなければならないファイルやフォルダは、全て設定しておきましょう。
 
○ インターネットで動作を確認する
最後に、CGIのページにインターネットアクセスして、動作を確認します。
 ※CGIがうまく動かない場合は、これまでの操作に誤りがあります。パーミッション設定など、もう一度見直しましょう。
 
▲ Top
Home受講案内GalleryParkWebパソコン環境LinkMember's
Copyright (C) 1997- Never Never LAND All Rights Reserved.
パソコンの環境 Webお役立ち情報 ネバー・ネバー・ランド広場 受講案内 Homeへ