夢菓 大福の箱

令和元年11月、北条の河野別府公園 芝生広場で開催された「風早にぎわいレトロまつり」で購入した夢菓の大福。
大福が一個ずつ、かわいい箱に入っています。
上品な味で美味しいから、夢菓を見つけたらついつい買っちゃいます^_^

夢菓HP

大福 元の箱

やっぱり開いてみなくちゃね。
やわらかい曲線がきれい。

大福 元の箱の展開

ドーナツみたいな図形を使ったデザイン、Wordのアイコンを使ったデザイン、オンライン画像で塗りつぶしたデザインを作ってみました。

大きさの目安としては、個包装の飴なら3個、チロルチョコなら4個、入ります。

大福 完成

組み立てるときの注意
大福 展開図

A4用紙に、元とほぼ同じ大きさの箱が2個入りました。
1. 外枠の線に沿ってカットします。
2. 赤い太線をカットします。
3. 折り目に沿って、先の尖ったものでスジを付けます。
4. すべて山折りにします。

 

Wordのテンプレート(A4)を準備しました。
図形の塗りつぶしで色や模様を変えたり、イラストを差し替えたりしてお楽しみください。

Wordテンプレートをダウンロード(約1MB)
 ※A4用紙1枚に2種類(花柄、風景)の箱です。
Wordテンプレートをダウンロード(約0.05MB)
 ※A4用紙1枚に2種類(ドーナツ模様 橙、緑)の箱です。