マンホールマカロンの箱

マンホールマカロンの箱

2018年のマンホールナイト(マンホールの蓋が好きな人のためのイベント)で販売されたいた「マンホールのふたをデザインしたマカロン」が入っていた箱です。
マンホール好きの私には最高のプレゼント💕
⇒マンホールナイト HP
第10回マンホールナイトが開催されました!

⇒Patisserie Swallowtail Twitter
「第10回マンホールナイト」にて『マンホールマカロン3個セット』を販売致します!!

マカロンのマンホールに合わせて、過去に撮影したマンホールの写真を探してみました。
そう、私はマンホーラー、行く先々でマンホールの写真を撮影しています。

・東京23区
東京23区マンホール

・岡山県岡山市
岡山県岡山市マンホール

・静岡県富士市
残念ながら写真がありません。静岡県富士市は行ったことがないのです。。。

マンホールマカロンの箱を開けたところさて、本題に戻って、箱を確認してみましょう。
しっかりした厚紙でできていて、丸い穴にはマカロンのデザインが見えるようにプラスチックの薄い透明の板が貼られています。
蓋をしても中が見える箱、何を入れましょう。

あまりにも箱がしっかりしているから、今回は展開せずに、今までに作った箱を参考に作図しました。
A4サイズの用紙に1個と、小さめ2個を配置した2種類の展開図です。

・A4サイズに1個 完成サイズ:横14cm、縦6.5cm、高さ2cm
マンホールマカロンの箱-展開図

・A4サイズに2個 完成サイズ:横6.5cm、縦6.5cm、高さ2cm
マンホールマカロンの箱-展開図

最初、円のカットをハサミでして苦労しましたが、デザインカッターを使ってみると意外とうまくカットできて感動しました。

カットした円をそのままにしてもいいし、透明のシートを貼ってもいいし。
今回は手元にあったクリアファイルをカットしてみました。
いろんな色を試せそうです。
カットしたクリアファイル

撮影のために箱の中に入れるもの、、、いつもの飴も入ります。
マンホールマカロンの箱-完成

組み立てるときの注意
マンホールマカロンの箱-展開図説明
1. 外枠の線に沿ってカットします。
2. 赤い太線をカットします。(円はデザインカッターがお勧め)
3. 折り目に沿って、先の尖ったものでスジを付けます。
4. 山折りにします。
5. 糊付けをして、組み立てます。
Wordのテンプレート(A4)を準備しました。
図形の塗りつぶしで色や模様を変えたり、イラストを差し替えたりしてお楽しみください。
※ 印刷には厚みのある用紙をお勧めします。
 
Wordテンプレートをダウンロード(A4に1個 約0.1MB)
 
Wordテンプレートをダウンロード(A4に2個 約2.9MB)