雨水幹線工事

更新が遅くなりましたm(__)m
仮の建屋もなくなり、仮の道路もなく、小野川もすっきり。
いつか体当たり取材するっきゃない!?
以前の写真と比較してみてください。

↓ 精農橋から北に向かって(仮の建屋がなくなった!)
精農橋から北に向かって

↓ 小野川を挟んで、南西から(小野川もすっきり)
小野川を挟んで、南西から

↓↓↓ 以前2007/3/11の記事 ↓↓↓
はなみずき通りの精農橋北側でなにやら工事がずっと続いています。
↓ 精農橋から北に向かって(右側に見えるのがはなみずき通り)
精農橋から北に向かって

↓ 小野川を挟んで、南西から
小野川を挟んで、南西から


やけに長い工事だなぁ。
大きな建物も建ったし、あらあら朝生田公園までつぶしちゃって、…気になりつつも横目で通り過ぎていたのですが、やっぱ調べなきゃ!

↓ 工事現場のフェンスに貼っている図面を見てみると…
『松山市広域都市計画下水道事業 小野川右岸雨水幹線工事(その1)』とあります。ふむふむ、シールド概要図?
松山市広域都市計画下水道事業 小野川右岸雨水幹線工事(その1)
随分大がかりな工事だったんですね。
地下にトンネルを掘っています。
図面右下の「シールド掘進機」、う~ん映画の中の出来事のようです。
地下鉄もなく、地下道も少ししかない愛媛県民としては、新鮮なオドロキです。

↓ 平面図によると…
平面図
精農橋北からはなみずき通りに沿って北へ進み、南環状線に入り東へ進みます。
その距離713.3m、雨水管内部の直径は2.4m。
こんなものが地下にできるんですね…
目的は、「市街地での総合的な浸水対策を進める」ということらしいです。(松山市ホームページより)
古い情報しか見つけられませんでしたm(__)m