入ってみたことのない姫路城を真面目に作ってみたがまたしても最終パーツの接着に悩まされる

お城

お城作りも五作目となると

取説見なくても作れるし

手順書を見ることが殆どないのは確かだった。 が、そんな不届きな作り方をしていると一城に一度か二度、必ず「猛烈に困ったな」ということになる。 ということで五城目にして心を入れ替え初心に戻り手順書を真面目に読んでみた。

なになに

●各パーツに記載の①②③~の番号は、接着所順序です。数字の順に接着してください。

え?そうなの

それで苦労してたのか。

ということでなるべく接着手順をよく守って作ってみているよ。

紙はサンワサプライのレーザー兼用用紙。 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00XL1F2JE/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=nnland-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B00XL1F2JE&linkId=c2e2a41db859259f6f08d4190cd7b9c4

ひたすら作り続け形になってきた姫路城。

このあと何が大変だったかって

ではなく

この二つのパーツを接着するとき接着箇所が多すぎて泣く。

特にこの屋根同士を繋ぐ部分。

どうしろというのだ

なんとか完成したが…

 毎回の詰めの部分の甘さがなんとも情けない…