誰が書いた記事なのかすぐ分かるように編集者をアイコンで表示

Cocoon

Cocoonの標準テーマでは記事を誰が書いたかが記事最下部までスクロールしないと分からない。そしてテキスト表示なので少しさみしい。

今見ている記事を誰が書いたか、アイキャッチ画像の近くにアイコンで分かりやすく示したい。

 オリジナル(カテゴリーは表示できるんだが…)

こうしてみた

この辺りの関数(実際、以下で80×80のアバター画像を取得できるが)をゴニョゴニョしていたらなんとかなるだろう、としばらく頑張った。

get_avatar(get_the_author_id(), 80)

うまくいかんもんじゃな..

そこで、bodyタグのクラスにauthor属性を追加し、cssでアイコンを分岐表示することにした。

↑ こんなふうに、元なかったクラス名を後から追加するにはフィルターフックという機能を使う。

フィルターフックを使い[bodyにadmin]クラスを追加する。 

  function.php

// bodyタグにauthorクラス追加
add_filter( 'body_class_additional', function( $classes ) {
  if ( is_single() ) {
    $author = get_the_author();
    
    if ( ! empty( $author ) ) {
      $classes[]  = $author;
    }
  }
  
  return $classes;
});

cssでアイコンを追加する。

style.css

/* アイキャッチ画像下部の編集者アイコン(共通) */
figure.eye-catch::after {
	position: absolute;
	width: 80px;
	height: 80px;
	bottom: -40px;
	left: 50%;
	margin: -40px 0 0 -30px;
	border-radius: 50%;
	border-width: 4px;
	border-style: solid;
	border-color: #fff;
	z-index: 2;
}
/*admin*/
body.admin figure.eye-catch::after{
	content: "";
	background: url('admin.png') no-repeat;
	background-size: cover;
}
/*staff*/
body.staff figure.eye-catch::after{
	content: "";
	background: url('staff.png') no-repeat;
	background-size: cover;
}

class名さえつけてあげれば、だいたいのことはcssでなんとかなってしまう。

↓class名だけではどうしようもないときはjQueryの力を借りてhtmlにタグを追加するしかないのだけれど。

あまり主張しないようアピールエリアを網点で覆う(マスク)
Cocoon(Wordpressの無料テーマ)にはアピールエリアという都合良い仕組みが用意されていて、任意の画像やテキストを本文最上部に表示できる。 サイトトップのみで表示とか選べて幸せ。 Cocoon設定 > アピールエリア ...