名古屋城を最初から220ミクロンの厚紙で作るのは無茶か

作ってみた

この名古屋城でお城作りも三城目。

まだ作るの?

気にしてはいけない。

220ミクロンに慣れてきたのでとうとう最初からこの厚みで作ってみることにした。

この紙厚は完成後のしっかり度がダントツなので一度全体を仕上げてみたかった。

ところでばんばんお城作ってるもんだからマット紙がとうとう在庫切れに…笑。ということで本日新たに4種のペーパークラフト用紙を注文。次はどのお城作ろかね。

うそでしょ

うそではない。

さてこの厚みの紙の難点はカットする時と折る時にまあまあ慣れが必要なくらい。

切れ味の良いカッターを使う

無理な力を入れずに作業できる。失敗しないコツかもしれない。

そのためには

カッターの刃は一城作るごとに交換

できればベストだね。

この名古屋城は熊本城の作者と同じだ。

パーツ数は過去最少。けれどどんなこだわりがあるのかが楽しみ。

で早速天守の第一層に今までなかったパターン登場。

天守屋根に内側から補強パーツを貼り付けるようになっていた。

今回は最初から厚みのある紙を使っているので自分はこのパーツを省略してもいいんじゃ?などと思ったけれど。

よく見ると(というかその役割を知ると)ただの補強パーツではなかった。

このパーツは補強ではなく天守の屋根を建物側にぐいっと引きつける役割を持っていた。

横から見るとこんな感じ。

屋根の庇が屋根側(上)にぎゅっと寄っているの分かるかな。

こんなふうになるのは裏から当てる例のパーツのおかげなんだよ。

お城を二つ作って分かったのだがここって実は今まで最も苦労していたところ。

なのでその効果に(気配りに)作者はわかってるよななどと泣ける。

というかここではじめて出てくるんか~いという気もする。

さて第二層にとりかかったところでちょっと作り方のポイントについて書いてみたい。

さすがに紙圧が220ミクロンもあると、折る作業時ふつーに手で折ると綺麗に折れない。

そこで

山折りは、サシなどの90度に近くかつ固い素材のカドを利用する

  • 山折り線とサシの直線を真っ直ぐ合わす
  • パーツがサシの上で動かないようしっかり押しつける
  • 紙は少しずつならしながら折る

ようにしよう。

いきなり力強く押さえつけてしまうと全然違うところに折り目が付いて泣く。

谷折りは、パーツの上にサシを当て、パーツを引き起こすように折り曲げる

  • サシの下のパーツが動かないようサシをしっかり押しつる

こんなところかな

さて、お城制作は順調に進んでいるのだが、工作に欠かせないボンドについて書いておこう。

微妙な力加減でごく少量のボンドを押し出せる速乾ボンドを手に入れた
さて、お城制作は順調に進んでいるのだが、ここでちょっと工作に欠かせないボンドについて書いておこう。 先日、ヒャッキンで誰かが手芸工作用に速乾ボンドを探していて見つけたもの。 買った本人は あれ?私の作業...

進捗状況に合わせ追加更新してみます
19.6.13 続く…